MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼博多前はひと味もふた味も違う

福岡市漁協伊崎支所長の森良三郎さんは元漁師だから、博多の漁についてはことのほか詳しい。「組合員の大半が、4月16日から12月16日までの小型底曳漁を専門にしています。その数22隻でテナガダコアナゴシャコ、クルマエビ、スエビ、カレイ類などを獲っています。能古島と志賀(しかの)島で玄界灘と区切られる博多湾は、海底が泥になっているため、ほかとはひと味もふた味も違ったうまい魚介が育つ。これを昔から博多前と呼んでいるんです」。味がよく、新鮮な魚介を並べるから、夕市に人気が集まるのだとキッパリ断言した。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070438


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト