MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼噛んでも噛んでもはねかえってくる弾力性

森さんから「博多の魚料理ならここ」と教えられたのが、福岡市漁協伊崎支所にほど近い味処「小松丸」。主人の西川敬太郎さんは小型底曳漁の漁師。いわば小松丸の仕入れ担当だ。夕方に出船して午前3時に帰港すると水揚げした魚介を店に持ち込む。料理は妻の慶子さんと次男の和弘さんが担当する。
小松丸でテナガダコのタコちりを注文した。噛んでも噛んでも、はねかえってくる弾力性を楽しんでいると、そのうちに海の生物のなんとも表現しにくい複雑な旨味がにじみでてくる。こんな痛快な食べ物はさすがのぼくも初めてだった。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070439


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト