MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ワタリガニは水からゆでること

味のよいワタリガニはいろいろな料理で楽しめる。から揚げ、鍋、味噌汁、甲羅焼き、炊き込みご飯、酢の物、どれもおいしいけれどやっぱりゆでガニが主役であろう。その作り方のコツを室津の漁師のおかみさんが伝授してくれた。「カニは必ず水からゆでることです。熱湯からゆでるとカニの足がもげてしまって、見た目がよくなく、食欲も減退しますよ」。これをタレなしで、そのままかぶりつくのが室津流ですとも教えてくれた。
もう一つ、室津の漁師のおかみさんたちのおすすめはカニずし。ゆでたカニの身をほぐし、甘酢に30分ほど漬ける。すし飯を冷ましてから、カニの身、ゆでてせん切りにしたニンジンとサヤインゲンとシイタケを混ぜ合わせる。椀に盛って、せん切りの青ジソの葉と錦糸玉子を散らすワタリガニの身がどっさりはいったカニずしは、産地ならではの贅沢である




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070229


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト