MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼縛っておかないと喧嘩をして爪がもげてしまう

室津では小型底曳漁法でワタリガニを漁獲する。ほとんどの時期は「ソロバン」と呼ぶソロバンに似た道具で海底を掻いて、袋状の網に入れる漁法をとっている。冬期だけはワタリガニが砂地や泥地に潜っていることもあり、「マンガン」とよぶ鉄製の熊手に似た道具で海底を深く掻いて漁獲する。そんな小型底曳船が、さして大きくない室津漁協に90隻以上も所属しているのだ。
主な漁場は室津漁港から漁船で20分ほど走った家島北側海域。出漁は早朝の4時半。多くは一人で乗り込むワタリガニを漁獲すると船上でほかの魚介と分け、一杯ずつゴムバンド自転車チューブ輪切り、タコ糸などでたすき掛けに縛る。「縛っておかないと、カニ同士で喧嘩をして爪がもげてしまうからだ。水揚げしたあとも扱いやすいから、縛っておくと仲買人にも評判がいいよ。これを一人でやるんだからカニ漁は忙しい」。こう説明してくれたのは、ワタリガニ水揚げして、室津港で一服していた漁師だった。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070228


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト