MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼一番するめと呼ばれる最高級品

ケンサキイカで作るするめを「一番するめ」と呼び、古くから最高級品とされてきた。ちなみにスルメイカで作るするめは「二番するめ」。
一番するめの作り方は手がこんでいる。皮とひれ(耳)をはいでから腹部の中央を切り開き、ハラワタと目玉とくちばしを取り除いて海水で洗い、さらに淡水で洗う。これを日当たりのよい場所で掛け干しにする。翌日はむしろに並べて干し、その日の夕方に圧力を加えて蒸す。その翌日に再度むしろに干して乾燥させる。五島列島が一番するめの主産地であるが、生産量は年々減少している。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070102


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト