MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ヤリイカに似るが、胴がやや太い

ケンサキカの語源は漢字で剣先と書く通り、外套膜(がいとうまく)(胴)が剣のように鋭く尖った形をしているからだ。五島列島(長崎県)の海域で多くとれるためゴトウイカの通り名もある。伊豆ではアカイカ、山陰ではシロイカ、またはマイカとも呼ばれる。ただし日本海沿岸ではよく似た同じジンドウイカ科のブドウイカと混同していることもある。ヒレは大きな菱形でヤリイカとよく見まちがえられるヤリイカにくらべると、ケンサキイカのほうは胴がやや太い。太平洋側では相模湾以西、日本海側は若狭以西に分布する。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070101


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト