MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼焚火で殻ごとあぶり、海水で洗って食べるのが一番

御宿でとれるアワビは3種類。メガイとマダカ(御宿ではマタガイあるいは単にマタと呼ばれる)とクロ。ベテラン海女によると「食べておいしいのはマタ」。浜の食べ方は豪快である。もぐりから上がると浜辺で暖をとるための焚火を起こし、この焚火で殻ごとアワビをあぶる。焼けたところで殻から身を取り出し、海水でばしゃばしゃと洗ってほおばるというのだ。この食べ方を受け継いだのが、御宿の民宿で人気のある踊り焼きだ。一方、水貝という食べ方は夏向きだ。アワビの身をサイコロ状に切って氷水に浮かし、薄切りのキュウリを加えるアワビに含まれる天然の塩味がうまさを引き立てる
御宿のアワビ漁は6月1日~9月15日。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070084


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト