MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼出陣や凱旋の祝いに不可欠だった熨斗鮑

日本産アワビは古くから強精食品として喧伝されていたらしい。紀元前221年に中国を統一した秦の始皇帝は、不老不死アワビを手に入れるため、道士の徐福以下500人を日本に向かわせたという記録が残っている。日本では縁起物として珍重されてきた。アワビの身を乾かし、かんぴょう状にしたものを熨斗(のし)鮑といい、これは古くからの献上品だった。中世には武家の出陣や凱旋の祝いに熨斗鮑が用いられた。これがのちに簡略化されて、折りたたんだ紙の中に熨斗鮑の小片を入れるようになり、いつの頃からか折りたたんだ紙だけの熨斗袋になった。女が啖呵(たんか)を切るときの決まり文句「あんな男は熨斗を付けてやるよ」でおなじみのものだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070081


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト