MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼一本釣り漁師好みのマヨネーズニンニク醤油の刺身だれ 

枕崎の一本釣り漁師から聞いたカツオ料理は豪快そのものである。「船の上ではめんどうなことはしない」という彼らの大好物はカツオの刺身。たれが普通ではない。マヨネーズとすり下ろしニンニクと醤油を混ぜ合わせて作る。それをたっぷりとからめてほおばる。ぬた状のマヨネーズニンニクカツオの舌ざわりと味をぐっと引き立てるのだ。奇妙な取り合わせ半信半疑の人は、一度温かいご飯と一緒に食べてみてごらんなさい。漁師の知恵に感謝するとともに、一本釣り漁師の気分まで味わえるはず。残った刺身はおろしニンニクとおろしタマネギを加えた醤油だれに2、3時間漬け込み、これをご飯にのせて湯をかけ、漁師流カツオ茶漬けを楽しんでいただきたい。
カツオ目利きは案外簡単である。まず丸々と太ったカツオ目を付ける。次に胸から尾にかけて流れる測線を見る。線がぼやけていて幅が広いカツオは脂がのっていてうまい。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070017


【辞典内Top3】 ▼マコガレイとマガレイの見分け方  ▼ゾウリエビとウチワエビの見分け方  ▼キビナゴとイカナゴは大違い  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト