MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼初ガツオたった2尾で大工の手間賃1カ月分!

カツオという名前の由来は平安時代までさかのぼる。その頃の人々はカツオを干して食べていた。今のかつお節ではなく、今日でも伊豆半島の賀茂村の浜で作られている塩ガツオに似たものと私は推測している。それが硬いから「かたうお」(堅魚)と呼ばれ、いつのまにかカツオに転じた。魚偏に堅と書くのはそのためであろう。平安時代の堅魚は庶民の食卓にもよく見られたようだが、江戸時代になると生食が普及し、それと同時にやけに高価になった。それで江戸っ子は大のカツオ好きだった。ことに初ガツオへのこだわりは尋常でなく、それがまた多くの傑作川柳を生み出すことになった。次のはその一つ。〔まな板に小判一枚初がつを‐其角〕
文化9年(1812)の記録によると、江戸日本橋の魚河岸に初ガツオが入荷され、そのうちの6尾は将軍家へおさめられ、2尾が料亭の八百善に2両1分で買われたとある。当時の2両は大工の1カ月分の手間賃当たるというから、今ならウン十万円。よほど見栄っ張りの胃袋におさまったにちがいない。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070014


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト