MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

ワイン
【わいん】

「白は冷やして、赤は室温で」は、本当に常識か?

ボジョレー・ヌーボー解禁日に購入するための長蛇の列ができたり、個人でワインクーラーを部屋に置いたりと、すっかりワイン好きの国民になった日本人そんな私たち日本人にとっては常識ともいえる「白は冷やして、赤は室温で」というワインの飲み方は、実はあまり正しくないようだ。これはあくまでヨーロッパ諸国での話なのである。ヨーロッパの家庭では地下に専用の酒蔵があるのが当たり前、その酒蔵は気温も低いので、ワインはすべて冷えている。そこで、飲む直前には、部屋に持ってきて、室温で香りが引き立っておいしく飲める温度にするという意味なのである。たとえば冬場に、赤ワインを暖房までかけている部屋の室温のなかに置いておいて、「赤ワインは室温で」なんていって飲むと、温度が高すぎて口当たりが悪くなってしまう。それでは、どんな温度でいただくのがおいしいのか。白ワインは、しっかり冷やしたほうがいい。まず一日ほど前から冷蔵庫に入れておく。いただく一、二時間前になったら、ワインボトルが首まで浸かる大きさの容器に氷を入れたものを用意し、そのなかに冷蔵庫から取り出したワインボトルを浸けてさらにしっかり冷やす。こうすれば、安価ワインでも本当においしくいただくことができるという。赤ワインも、白ワインほどではないがある程度冷やして飲むようにしたい。温度ではおおよそ一五度が目安だという。夏場は、いただく一、二時間前に冷蔵庫に入れて、さっと冷やしておくと飲み頃になる。季節にかかわらずやはり冷やしすぎは苦みがきつくなるし香りも悪くなるので注意しよう。温度の目安は、ボルドーの上級ワインなら一六?一八度、ブルゴーニュやローヌの上級ワインなら一四?一七度。また、ボジョレーなら渋みの少ないワインなので、一一度前後に冷やして飲むとおいしくなるという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820976

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト