MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 音楽

ワーグナー
【わーぐなー】

ピアノの弾き方は自己流でも、大作曲家

リヒャルト・ワーグナーはドイツの作曲家で、代表作にオペラ『タンホイザー』、楽劇『トリスタンとイゾルデ』『ニーベルングの指環』などがある。作曲家というと、ピアノを弾いて譜面台の譜面に音符を書き込みながら曲をつくっていくというイメージが強い。ところがワーグナーは、ピアノの正規の演奏技術を生涯習得しなかった。彼は、継父が俳優だったため、演劇関係者の出入りする環境で育ち、子どもの頃から劇やオペラに関心を持ったり、ピアノ自己流で弾いたりしていた。とくに強い憧れを持っていたウェーバーの代表作である『魔弾の射手』をピアノでよく弾いていたそうだ。そのため自己流の演奏法だが、ピアノの演奏には自信を深めたという。そのようすを見て彼の才能に気づいた母親は、彼が一二歳のとき、ピアノの教師について正式にレッスンをさせた。だが、自己流が身につきすぎてしまったためか、指の訓練にどうしてもなじめない。おそらく、自己流への自信から、「このままでうまく弾けるのに」という気持ちがあったのではないだろうか。そのうえ、詩や文学に熱中していたこともあって、彼はピアノレッスンが嫌になり、すぐにやめてしまった。そのままワーグナーは、改めて正規の弾き方を習おうという気を起こさず、生涯自己流のままだったのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820974

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト