MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 遊び

指切りげんまん
【ゆびきりげんまん】

遊女が客との約束で小指を切ったことがはじまり

子どもが約束をするときに小指と小指を絡み合わせてする「指切りげんまん」。「ウソついたら、針千本の?ます、指切った」と結構残酷な終わり方になっている。さて、実はこの「指切り」、江戸時代の遊女がお客に誠意を見せる証の一つだったという。証を見せるということは、心のなかを見せるということで、「心中立て」ともいった。誓詞と一緒に髪の毛を切って渡す、爪をはがして渡す、さらに強力なものとして小指を切って渡すというのがあったのである。もちろん、心中立てがさらに進むと「心中する」(一緒に自殺する)となる。この「指切り」が転じて、約束を守る印に互いの小指を引っ掛けるようになったと考えられる。子どもたちの間の風習になるには、ちょっと理由がヘビーすぎるか。民俗学者柳田國男の『西は何方』所収の「蟷螂考」によると、指切りは「疣切り」からきているという。「げんまん」のほうは、「拳万」と書き、約束を破ったときには拳固(握りこぶし)で一万回打ちますよ、という制裁の意味。かわいらしい子どもたちが使うような意味ではなく、どうやら、とっても厳しい掟のようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820928

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 手のひらを太陽に  火元責任者  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト