MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

南方熊楠②
【みなかたくまぐす】

いつでもどこでも反吐を吐ける奇人博物学者!?

熊楠には様々な「危言奇行」が逸話として残っている。たいへんな健脚で、少年時代から植物の採集のために熊野三山や大和紀州の険しい山に平気で登り、そのあげくに数日行方不明になったこともある。本人はけろっとしたものだが、周囲は天てん狗ぐにさらわれたのではと大騒ぎ。後に「てんぎゃん」(天狗さんの意)というニックネームをつけられたほどだ。胃袋も相当不思議な構造になっていたようで、食べた物を何度でも口に出すことができたという。牛の胃袋のようなもので、この能力を利用して、熊楠は気にいらない相手がいると、反吐を吐きかけていたらしい。この能力は少年時代からすでに発揮されており、多くの同級生や先生が犠牲になった。反吐は熊楠の武器の一つだったのであるどんな偉い学者が訪ねてきても、気にいらなければ会おうともせず、会っても気に入らなければ反吐を吐きかけた。ロンドンの日本大使館で、立小便をとがめた公使に向かって反吐を吐いたこともあったようで、しばらくの間、大使館の絨毯には熊楠の反吐の跡が残っていたという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820872

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト