MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 宗教

禊ぎ
【みそぎ】

どうして「お清め」には「塩」を使うの?

お葬式から帰ってくると、家のなかに入る前に、塩を体にかける。これは、穢れを祓うためとされるが、なぜその「お清め」には「塩」と相場が決まっているのだろうか。清めの行為は、罪や穢れを祓うためにおこなう「禊(みそぎ)」の行為からきている。伊弉諾尊が黄泉の国から戻ったとき海水で身を清めたという伝説があるように、海水には真水以上の霊力があると信じられてきた。伊勢神宮でも、二見浦で身を清めてから参拝する慣わしだった。この風習は現在でも「浜参宮」として残っている。やがて、海水での禊ぎが時代の変化とともに簡略化されて、海草を振ることで体の穢れを祓うようになり、やがて海水の代わりとして「塩」が用いられるようになったといわれている。ところで、穢れを祓うための塩のかけ方には、一定の約束事がある。まず胸元にかけ、その次に背中、最後に足元にかけるというものだ。頭の上から勢いよく塩をかぶる必要はない。一人で帰宅した際には、背中に塩をかけるのは難しいので、肩口にかければ、それで背中にかけたことと同じになるという。意外に忘れがちなのが、体にかけ終わったら、残りの塩を外にまくこと。これは、厄や穢れを家のなかに入れない効果がある。だから、玄関前に立ち、外に向かって、目に見えない厄を追い払うように、がばっと残りの塩をまくのが正解だ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820865

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト