MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 野菜・フルーツ

ふじりんご
【ふじりんご】

日本が世界に誇るりんご「ふじ」の由来は、女優の山本富士子!?

紅玉、国光、旭、祝、つがる、ふじ、スターキング、ジョナゴールド……、りんごにもいろいろな種類がある。日本のりんご産業は意外に歴史は浅く、明治の初期にアメリカから品種を輸入してはじまった。一八七一(明治四)年には七五品種、一八七五(明治八)年には一〇八品種を輸入して政府が苗木を配布した。そのとき、名前のつけ方は自由だったため、同じ品種でも産地ごとに違う名前が乱立し、収拾がつかなかったという。現在、日本で生産量第一位を誇るりんごは「ふじ」である。青森県藤崎町の当時の農林水産省の試験場が開発した品種である。名前の由来は、一九六二(昭和三七)年、その育成地である藤崎の「藤」をとって命名したのが、名目上の理由になっている。なるほどこれは最も落ち着く理由なのだが、なんと発案者は、違う意味もこめて付けておいたのだという。実は発案者は、当時ミス日本から女優の道へ進んだ山本富士子さんの大ファンだったそうだ。そのためその富士子さんの「ふじ」もかけているのだそうだ。海外でも人気の品種で、「FUJI」の名前で広がって、近年ではアメリカやニュージーランドでも好んで食されている。生産量も日本一であることから、富士山の「ふじ」なのかと思われていることも多いが、実は、美しい女優さんの名前でもあったのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820772

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト