MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 乗り物

フィンスタビライザー
【ふぃんすたびらいざー】

日本人が発明した、船の横揺れを防ぐ装置

波の上で最もよく起こる揺れは、左右に傾く「ローリング」、いわゆる横揺れのことだ。船には、安全に航行し、なおかつ船の上でもなるべく快適に過ごせるように様々な工夫がなされているが、横揺れを防ぐ装置としては、「フィンスタビライザー」がある。船の両方の舷(船べり)の船底近くに設置された可動式の小さな翼状のもので、船の揺れに合わせて翼の角度を変えることで、船の揺れを抑える働きをする。客船などに広く使われている。現在、フィンスタビライザーの特許はイギリスの企業が持っているが、発明したのは日本の元良信太郎博士である。発明されたのは戦前のことで、最初に船に装備されたのは、一九二三(大正一二)年、対馬商船の暁丸だった。この年の一一月、暁丸が荒れた壱岐と対馬間を航行したときのことである。暁丸のローリングは、平均でも一二度、最大二〇度にもおよんだ。ところがフィンスタビライザーを作動させると、ローリングは平均三度、最大一五度にまで軽減したという。非常に有効な装備だったのだが、コンピュータもなかった時代のこと、フィンを上手く制御する技術がともなわず、思ったほどの効果をあげることができなかった。そのため、やがてこの特許はイギリスの企業に売却されてしまったである。現在、このフィンスタビライザーは、船にはほぼ必須な装備の一つとなっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820757

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト