MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人体

貧乏ゆすり
【びんぼうゆるし】

貧乏ゆすりは、実は体にいい!?

イライラしているとき、暇なとき、つまらないとき、知らず知らずのうちに足が上下に揺れてしまう「貧乏ゆすり」。これが実は体にいいといわれていることを知っているだろうか。まず、貧乏ゆすり単なるクセではなく、生まれながらにして人間に備わっている原始的な動きである可能性が高いという。あの動きを抑制しているのは大脳だと考えられており、それが何かに集中しているときには、抑制が弱まるために体が動いてしまうというしくみである貧乏ゆすりをすることで集中力を高めたり、精神的ストレスを発散してリラックスしたりという効果が得られるといい、無意識のうちにこれを利用している人もいれば、意識的貧乏ゆすりをすることで、その効果を利用している人もいるという。また、貧乏ゆすりの動きは冷えの解消にも役立つ。三分間貧乏ゆすり続けると、ふくらはぎの皮膚温が約一度上がったという調査結果もある。これは、筋肉を小刻みに振動させると緊張が高まるため、熱エネルギーが多く出されるためである。しかし、体にいい動きであるこの動きが、なぜ「貧乏」ゆすりと呼ばれるようになったのだろうか。小学館の日本国語大辞典第二版の編集スタッフである長野伸江さんによると、「貧乏な人は、寒さや空腹に震えていたため」とか。空調の効きすぎたオフィスでの冷えを解消し、ストレスも発散してリラックス、さらに集中力まで高められる貧乏ゆすりの一石三鳥効果。ただし周囲の人の冷たい視線にさらされることになるのは覚悟しなくてはならないだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820752

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト