MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 企業

日立の樹
【ひたちのき】

日立製作所のCMで有名なハワイの樹が危機に!?

日本で最も有名な樹かもしれない、日立製作所のCMに登場するあの大きな樹。一九七五(昭和五〇)年からCMに登場しており、「♪この木 なんの木 気になる木……」のCMソングもおなじみだ。あの樹は、実はハワイのオアフ島にある。高さ約二五メートル、枝の広がりは約四〇メートルにもなる。ただし、大きな一本の樹に見えるが、実際には複数の木が集まってできている。学名は「サマネアサマン」。地元では「モンキーポッド」という名で呼ばれている。日本のネムノキに似ていて、日の出に開いた葉は、午後には閉じてしまう。花もネムノキに似た、白いかわいらしい花を咲かせる。生長が早いので、CMに登場する大樹でも樹齢は一三〇年ぐらいである。実は、この日立の樹に最近、伐採の危機が訪れた。この樹があるハワイのモアナルア・ガーデンパークオーナーの死去にともない、同パークリゾート開発業者に譲渡されるのではないかとの噂が広まったのである。そうなると、この樹は切り倒される運命ということになる。関係者はやきもきしたが、最終的には前オーナーの親族が経営する会社がこのパーク買い取ることで決着がつき、パークは広く一般に開放されることになった。このため日立製作所では、この大樹を守るためにパークの維持、管理、およびCM契約料として、年間約四〇万ドルを支払うことで樹の保存を支援することとなった。モアナルア・ガーデンパークはホノルル国際空港に近いので、気軽に立ち寄ることができる。オーナー親族の深い理解と日立製作所の粋なはからいで、大きく伸び伸びと育っている「気になる木」が気になってしかたのない人は、ハワイ旅行のついでに自分の目で確かめてみるとよいだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820742

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト