MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

ピサの斜塔
【ぴさのしゃとう】

あのガリレイによる実験の話は、かなり尾ひれがついている

ルネサンス期を代表するイタリアの自然科学ガリレオ・ガリレイの功績としていちばんよく知られているのが、物体の落下実験による新しい力学の定義である。同じ材質でできた重さの異なる二つの物体を、同じ高さから落下させると、ほとんど同時に着地するという証明であり、物体の重量と落下速度の関係の新しい発見であった。それは古代から信じられてきた、重いもののほうが先に落下するとした、落下速度は重さに比例するというアリストテレス説の完全なる否定だった。このガリレイの実験は、一五八九年に、たくさんの教授や学生たちが見守るなか、ピサの斜塔の傾斜を利用しておこなわれたと伝えられている。この実験の話は、ガリレイの弟子だったヴィヴィアーニの著である『ガリレオ伝記』が伝えてきたもので、後世の学者たちも様々な形で引用している。具体的落とした物体の材質や重さについて触れたものさえある。確かにガリレイは、一五八九年にピサ大学教授に就任しており、斜塔を使っての実験を試みた可能性がなくはない。ヴィヴィアーニの著書にも、斜塔を使って衆目の見守るなかで実験したという記述がある。ところが、ガリレイ本人の『運動について』という著作のなかには、ピサの斜塔における実験についてはまったく触れていないのである。彼の記述は、アリストテレスの説にどうしても疑問が残ると記し、「もし仮に」という形で物体を落下させたときに起こる状態を、思考のなかだけで実験してみせているにすぎない。実際に実験をしたという記述はまったくないのだ。ヴィヴィアーニの著作は、ガリレイの死後一〇年以上を経て書かれたものだ。どうも弟子である彼は、師を偲ぶあまり、その業績を示そうと誇大に表現して筆がすべったもののようである。後世の学者たちも、ガリレイの偉大さのために、さらに話に尾ひれをつけたというのが、ピサの斜塔実験伝説の真実であるようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820738

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト