MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 芸術

ピカソ
【ぴかそ】

自分のもとを去った女の絵は醜く?

ピカソは七〇歳のときの祝賀会で、「頻繁にセックスし、赤ワインを飲んでいるよ」と話し、なんと八〇歳の誕生日の直前には、三五歳のジャクリーヌ・ロックと秘密裏に結婚をしているほど精力的な男だった。生涯を通じて女性を愛し、九一歳で死亡する直前の一〇年間は、ひたすら性の世界を描き続け、なかには公開がはばかられるようなポルノまがいの作品まであるピカソは、若い頃から女性に関しては実に奔放だった。しかも、新しい女性が登場すれば、ピカソ新しい芸術が生まれるといわれたほどだ。新しいな女性の存在こそがピカソの芸術の源だったともいえるのである。女性に対する自信もかなり持ち合わせており、日頃から「自分から去っていける女性はいない」と豪語していたという。それだけに、自分の元から去った女性のことはかなり恨んだようで、最初は美しく描かれていた女性が、ピカソの傍からいなくなった途端、醜く描かれたりもした。最初の妻は馬や醜い老婆として登場しているし、愛人のなかには犬やヒキガエルの顔に描かれた人もいるし、絵の中で殺された女性までいる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820734

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト