MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 企業

パチンコ
【ぱちんこ】

なぜ名古屋でパチンコが隆盛を極めたのか?

パチンコ機の製造は、愛知県の地場産業としてよく知られている。パチンコ機の製造シェアでは、愛知県は毎年トップ争いに顔を出している。こんな背景から、名古屋がパチンコの本場、発祥の地あるいは元祖といわれるようになったのだが、現在のようなパチンコ店が登場するのは実は大阪のほうが早い。大正時代なかばに伝わったアメリカ生まれのコリントゲームを縦型に改良したパチンコ台が大阪に登場したのは一九二九(昭和四)年で、名古屋で同型機での営業がはじまったのは翌年のことである。それが一変するのは戦後になってからだ。荒廃した世相のなか、庶民はパチンコ遊技場に手軽な娯楽を求めた。パチンコ台の製造が急がれることになったのだ。名古屋ではいち早く、一九四六(昭和二一)年にパチンコ台製造が再開されている。それは名古屋がパチンコ台の原料になるベニヤ板の集積地だったからだ。また軍需工場が多かったために、玉の原料にするベアリングが手に入りやすく、下請け会社だった中小企業には板金技術者がたくさんいた。名古屋には、パチンコ機の製造にぴったりの条件がそろっていたのである。さらに、パチンコ産業隆盛の引き金になる立役者も登場した。戦前からパチンコ店を経営していた正村竹一である。集客のために新しい工夫を考案していた彼は、台に打つ釘の並べ方に新しいイデアを思いつく。一様に並んでいた釘の一部を抜いたり、打ちつける角度を変えたりしたのだ。結果は、それまで単調に流れ落ちるだけだったパチンコ玉の速さやハネる方向に変化が生まれ、遊ぶ人のハラハラ感、ドキドキ感を増幅させた。これが世にいわれている「正村ゲージである。正村はこの製法を特許とせず、ほかの業者がまねするにまかせた。これにより、名古屋でのパチンコ機製造が隆盛することになったのだ。正村ゲージコンピュータ制御機となった現在も生かされていて、その点で確かに名古屋は元祖といえそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820704

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト