MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 芸術

仁王像
【におうぞう】

池上本門寺の仁王像のモデルは、アントニオ猪木

東京の大田区にある池上本門寺は、日蓮宗の開祖である日蓮聖人の終焉の地となった鎌倉幕府の御家人の屋敷跡に建てられた寺である。屋敷の主人であった池上宗仲が土地を寄進し、日蓮の弟子の手によって伽藍が設けられたのが最初という由緒を持つ。その寺が、太平洋戦争の戦火で山門と仁王像を焼失してしまったそこで池上本門寺は、一九八一(昭和五六)年の日蓮七〇〇年忌を前に、その再建を計画した。そのとき仁王像の制作を依頼した彫刻家が、後に文化勲章を受章する圓鍔勝三。彼は、制作にあたって仁王像モデルを求めた。仁王像は、武器を持った半裸の金剛力士像であり、その盛り上がる筋肉や力を込めたときの肉体の変化を、よりリアルにするには、モデルがいたほうがよかったのだ。さらに作家は、本門寺が創建された時代の中世の日本人といまの日本人は骨格も体型も変わってきているからということで、「昭和という時代の仁王像」制作をめざした。そのとき、モデルに選ばれたのが、当時、異種格闘技で世間を騒がせていた、あのプロレスラーのアントニオ猪木だった。池上本門寺には、猪木の師である力道山の墓があった縁もあり、また、その力道山の関係で節分の豆まきにプロレスラーを招いたりしていたために、プロレス界と近しい関係があったからだという。仁王像は一九七八(昭和五三)年に完成、前年に完成していた山門に置かれ、日蓮聖人報恩事業を彩ったのだった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820653

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト