MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > モノ

つまようじ
【つまようじ】

ようじの頭はなぜ黒いのか?

つまようじをよく見ると、手にする頭のほうの切断面は茶褐色で、側面には何本かの溝が切られている。なぜだろうつまようじ資料館を併設している広栄社によれば、正式なつまようじの規格は六センチで、かつては、まず両端を尖らせた一二センチスティックの中間点を、のこぎりで切断するという工程でつくられていたため、のこぎりの摩擦で切断面が黒ずんでしまうのだという。そしてどうせ黒ずんでしまうなら、何か飾りをつけてしまおうという発想から、「こけし」をかたどることになったようだ。確かによく見ると、角がしっかり丸みを帯びていて「こけし」が連想できる。溝の数や間隔は各メーカーで異なっており、それぞれの「こけし」になっているというからおもしろい。現在では、日本国内でつまようじをつくっている業者はほとんどなく、ほとんどが中国でつくられているそうだ。だが、もともと技術は日本から伝わったものなので、中国産であっても、「こけし」をかたどったつまようじがつくられているのである。溝をつけることによって無駄なコストがかかるのではないかと思うが、のこぎりが木に溝を刻むように機械をセットするだけなので、とくにコストに変化はないという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820569

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト