MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 服装

十二単
【じゅうにひとえ】

必ず十二枚というわけではない

十二単は、平安時代中期に完成した女性貴族の正装である。「十二」というからには、一二枚の衣を重ねたものだろう思いきや、実際は一二枚の衣を重ねるわけではなく、一二枚以上のこともあれば、それ以下のこともあった。つまり、十二単はいわゆる俗語なのだ。正式名称は、「五衣唐衣裳」である。または、朝廷出仕の女官で部屋が与えられた者の朝服であったため、「女房装束」ともいわれた。着用法は、まず衣きぬを重ねて着る。次に小袖のうえに紅の袴をつけ、単、袿を重ね、その上に打衣、表衣、唐衣を着る。そして裳を腰にあてて結び、後ろに垂らして引いていた。奈良時代に裳は腰に巻いたものだったが、平安時代になって、衣服を数多く重ね着するようになったので、腰に巻くことができなくなったためである。袿は単色で数枚重ねて付ける。平安時代末期より、重ねの袿は五枚が適当として、五衣と称した。なお、衣はみな絹で、総重量は二〇キロほどにもなる。装飾品として檜扇を持つほか、髪に「釵子(かんざし)」などの飾りをつける場合がある。鎌倉時代以降は、朝廷でも平常は十二単を着ず、儀式のときのみ着用するようになった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820406

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト