MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 飲み物

コーヒー
【こーひー】

死刑囚を実験台にコーヒーの「毒」を確かめた国王

日本でもかなりコーヒー党が増えているが、北欧諸国の人々はもっとコーヒー好きである。なかでも年間消費量がアメリカの倍以上にもなるというスウェーデンには、コーヒーにまつわる興味深い話がある。カフェインの作用で覚醒効果や血流を高める効果があるとか、利尿作用があるなど、最近では科学的コーヒー効果が確かめられているが、かつてコーヒーは体に悪いとか、胃を壊すなど、毒性があるかもしれないと疑われた時期があった。全日本コーヒー協会の話によると、一八世紀後半、スウェーデン国王のグスタフ三世が、コーヒーの安全性を確かめるために双子の死刑囚を使って、ある実験をしたのだという。それは、一人には紅茶を、もう一人にはコーヒーを毎日飲ませ続けるという実験だ。数十年もかけてその実験はおこなわれ、その双子の囚人はともに七〇歳を過ぎても元気に生き続けたという。皮肉なことに、当のグスタフ三世は一七九二年に暗殺され、その実験結果を知ることがなかったという。近年のコーヒーの毒性についての研究では、カフェインの作用についてだけ、大量に摂取した場合、強い不眠や心悸亢進、けいれんを起こす可能性があるという。だが、この大量というのは、体重一キロあたり一五?三〇ミリグラムカフェインを摂った場合で、その量に達するには一度にコーヒーを一〇杯?二〇杯も飲まなければならない。また成人の致死量は一〇グラムといわれており、一度に一〇〇杯も飲まなければならない計算になる。ちなみにコーヒーには、前述の作用だけでなく、口臭の予防(ミルクを入れない場合)や、肝臓の活動促進によりアセトアルデヒドの分解を早めるので、二日酔いの防止にも効き目があるという。さらには、クロロゲン酸というコーヒーに含まれるタンニンの一種が、発がん物質の作用を抑制するという研究例もあり、まだまだ奥が深いともいえる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820307

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト