MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > お金

硬貨
【こうか】

一円玉に描かれている木だけは、架空のもの

現在使われている日本の硬貨のなかに、架空の絵柄がデザインされた硬貨がある。一円玉である。この一円玉は、戦後では初めてデザインが公募された硬貨であり、表と裏はそれぞれ別々の人のデザインだ。架空の絵柄というのは、表の部分にある「木」。ブナやオリーブなど木の種類については諸説あるらしいが、デザインした中村雅美氏は、生き生きと伸びる若木を日本の成長にたとえてイメージしたそうで、特定の樹木をモデルにはしていないという。つまり架空の木ということだ。ちなみに、そのほかの硬貨の表には、きちんと架空ではないものがデザインされている。五円が稲穂、歯車、水。一〇円は平等院鳳凰堂と唐草。五〇円は菊。一〇〇円は桜。五〇〇円は桐である。これらは造幣局によるデザインで、財務省の意見を取り入れながら、偽造対策なども万全になされるため、いくつかのデザインのなかから閣議で決定されるという。いちばん新しいところで二〇〇〇(平成一二)年以降発行の五〇〇円玉は、それ以前の五〇〇円玉とデザインを変えずに、見る角度によって〇(ゼロ)のなかに数字が見え隠れする潜像加工、横のギザギザが斜めになっている「斜めギザ」、微細点加工、微細線加工など、大きく四つの貨幣偽造対策が施され、複雑なつくりになっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820289

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト