MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 健康

カプサイシン
【かぷさいしん】

香辛料はそのまま出てくる!唐辛子の摂りすぎがお尻に悪い理由

地主ならぬ、痔主の方は香辛料の摂りすぎには気をつけたほうがいい。ここ数年、カプサイシンダイエットといって、脂肪を燃焼させて痩せるという方法もはやっているが、そのダイエットのやりすぎで、お尻のほうの具合が悪くなってはかなわない。カプサイシンは、アルカロイドと呼ばれる成分で、唐辛子などに含まれる辛味成分のこと。痛覚神経を刺激し、局所刺激作用や辛味を感じさせる。いったん体内に吸収されると、カプサイシンは脳まで運ばれ、内臓感覚神経に働きかけて副腎のアドレナリンの分泌を活発にするので、発汗作用を促進するといわれているのだ。ただ、このカプサイシンが、とっても強いのである。熱や調理によっても変化しないし、冷凍保存しても大丈夫あらゆる状況でも、その辛さを維持できるのである。摂取後すぐに汗をかくのは前述の通りだが、殺菌作用、胃を健康にする作用、体を温める作用などが同時に期待できるのは、カプサイシンが強い作用を持つからなのである。しかし、カプサイシンの摂りすぎは体によくない。とりわけ、お尻のためには。なぜかというと、カプサイシンは胃や腸で分解されないので、そのまま便になって出てくるからだ。排便のときにも、カプサイシンの効果で肛門の上皮は痛みを感じ、トイレにいる時間も長くなる。肛門に刺激が加わるので、食べすぎれば痔になりやすくなるというわけだ。ただでさえ、肛門の周辺の筋肉には体重が集中してかかるために、三〇歳をすぎると筋肉の組織が衰え、痔になりやすくなるという。痔を患っている人なら、辛いものは控えめにするのがよいだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820179

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト