MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2そーだったんだ! > フィクション

浦島太郎②
【うらしまたろう】

本当のラストは、変身して鶴になる!

カメを助けてあげたのだからもっとご褒美のようなことがあり、いいことになって終わりそうなものなのだが、現実は厳しく浦島太郎に降りかかってくる。ちょっとかわいそうな気もする物語なのだが、一説によると、また別のラストシーンがあるという。それは、玉手箱を開けた後の話がまったく違っていて、なかから紫煙が三筋立ち上って、太郎はたちまち老翁となり、その後、鶴と化して大空に舞い上がっていくというものだ。文面の最後はこうだ。「その後、浦嶋太郎は、丹後国の浦嶋の明神と顕れ、衆生済度し給へり。亀も同じ所に神とあらはれ、夫婦の明神となり給ふ。めでたかりけるためしなり」おじいさんになってしまうだけでは、かわいそうな話だが、こちらのラストシーンのほうが、めでたしめでたし、である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820093

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト