MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 健康

インフルエンザ
【いんふるえんざ】

名前の由来は、ただ単に「影響(インフルエンス)」

風邪とインフルエンザの違いを知っているだろうか? 風邪は単一の疾患ではなく、医学的には風邪症候群といわれるように、くしゃみ、鼻づまり、頭痛、発熱、咳といった、いろいろな症状が合わせて起こる状態のことである。その原因も様々だが、ほとんどは喉や鼻にライノウイルスコロナウイルスという各種ウイルスが感染することで引き起こされる。一方、インフルエンザは風邪の一種ではあるのだが、原因がはっきりしている。インフルエンザの病原体はインフルエンザウイルスである。高熱が出るなど風邪よりも症状が重く、患者のくしゃみや咳による他者への伝染能力も高い。インフルエンザは英語で「influenza」と書くが、これは「影響」を意味する「influence」からつけられたのではないかとされるインフルエンザの流行と思われるものが初めて文献に登場するのは、紀元前四一二年のヒポクラテスによるもの。昔は、肺炎を併発するなどしてインフルエンザで命を落とす人も多く、インフルエンザの流行は一大事件だったようだ。当時は病気の原因がわからず、冬になるとはやりだし、春になると終息することから、星や寒気などの「影響」なのではないかと考えられていたという。その「影響」という言葉を病名として、一五世紀にイタリア人が使ったのがインフルエンザという病名の由来と考えられている。日本語では当初、「咳病」や単に「風邪」と呼ばれていたが、その後、「流行性感冒」「流感」と呼ばれるようになった。感冒は風邪の別名でもあるが、この言葉はオランダ語で風邪を意味する「カンバウ」からきているとされる




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820068

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト