MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

焼き鳥のルーツ
【東京雑学研究会編】

§焼き鳥のルーツはアレクサンドロス大王?

甘辛ダレは醤油の焦げるにおいが香ばしく、塩焼きなら鶏肉のジューシーさが味わえ、ビールにも酒にも、またワインだって相性がよく、日本人酒のつまみの代表といえるのが焼き鳥だ。
ソテー網焼きと違って、串に刺してあって、調理にも食べるにも簡単というのが、人気の秘密だろう
農耕民族の日本人ではあったが、魚類のほかにタンパク源として鳥類を獲って食べていたことは間違いなく、すでに平安時代にはハレの日のメニューだったことがわかる記録が残っている。
宮廷での公式の宴会では「別足」と呼ばれるキジのもも肉や、「ひったれ」と呼ばれた胸肉などが、膳を飾っていた。庶民も、キジのほか、身近にいたカモ、ヤマドリ、ウズラ、シギ、ツグミ、スズメなどを焼き鳥にして食べていたという。
ほかにも歴史上の人物が焼き鳥を食べたという記録は、一五世期末の小田原城主・北条早雲や天正年間(一五七三~九二年)の豊臣秀吉にまつわるものなど、かなりある。
朝鮮半島では、肉とネギを串刺しにして卵をまぶして焼いた「サンジャ」という料理があるし、ベトナムではつくね、タイではタレ焼きの焼き鳥が食べられている。
インドからトルコかけておなじみのシシカバブも、串に刺して肉を焼くという点では焼き鳥の親戚である
狩猟民族になると、鳥獣の肉を串に刺してあぶって食べたというのは有史以来のことに違いなく、古くはアレクサンドロス大王が、腰に差していた剣を抜いて肉を刺し、火にかざしてあぶって食べたという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670934

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト