MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > お金

末端価格
【東京雑学研究会編】

§末端価格は誰が決めているの?

末端価格の本来の意味は、生産者価格や卸売価格に対して小売価格のこと。簡単にいってしまえば、その商品を最終消費者が取引する際の価格のことである
しかし、残念ながらこの名称が使われるときには、あまりよろしくないものが多い。例えば、麻薬や覚醒剤ピストルなどといった違法な商品に対して、つけられている値段を指すのが普通だ。
もちろん、裏で取引されているものだし、需要と供給のバランスもあるからきちんとした定価があるはずはない。これは、警察当局が具体的な取引から割り出した価格を、マスコミを通じて報道しているものなのだ。
ちなみに、末端価格があるからといって、先端価格があるわけではない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670898

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト