MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人物

松井須磨子
【東京雑学研究会編】

§松井須磨子、自殺の原因は?

女性の精神は生理周期の影響を大きく受ける。もちろん個人差は大きく、その特徴が顕著な人もいれば、全く生理の影響を受けない人もいる。
近代的な新劇女優第一号の松井須磨子は、生理中は情緒不安定になり、ヒステリックになることが多かったため、彼女が自殺した原因の一つに生理中の不安定な精神状態があるのではないかと言われている。
松井須磨子は『ハムレット』のオフィーリアで認められ、『人形の家』のノラ、『マグダ』のマグダなどの大役で劇団のスター女優になった。しかし、恩師の島村抱月との不倫のため文芸協会を除名され、抱月は早稲田大学の教授の座を追われてしまった。抱月は妻子と別れ、一九一三(大正二)年に須磨子とともに劇団・芸術座を結成し、須磨子と同棲生活を送っていた。
須磨子は芸術座の女座長として毎回、公演の主役を務め続けた。劇中歌を使うのが演出の特徴で、特に『復活』で歌われた「カチューシャの歌」は大流行。けれども抱月は一九一九(大正八)年一一月五日、急逝してしまう。
それ以来、須磨子は魂が抜けたような放心状態となり、二か月後の抱月の月命日、芸術座の大道具置き場首吊り自殺をしてしまった
自殺現場には須磨子の生理による血痕が残っていたことから「生理中で情緒不安定になっていた須磨子が、発作的に自殺してしまったのでは」と噂され続けたという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670897

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト