MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人物

埋葬
【東京雑学研究会編】

§寝ている間に埋葬されてしまったら・・

ハンス・クリスチャンアンデルセンはデンマークを代表する作家で、『人魚姫』『親指姫』『マッチ売りの少女』など数多い童話の作家として知られている。アンデルセンの童話の中の言い回しの多くは慣用句となって今もデンマーク人の日常生活に用いられているくらいだ。
アンデルセンはデンマークのオーデンセで生まれ貧しい少年時代を過ごした後、一四歳でコペンハーゲンに移り住む。演劇への情熱が強く、王立劇場に端役などで登場しながら、周囲の人々の好意から学校へはいり、そのことから詩作に手を染めるようになっていった。
この学校での生活は死の前年まで悪夢になって現れるほど苦しいものだったようだが、「臨終の子」などの詩はこの頃に作られたものだ。さらに同じ頃に作られた「デンマークにわれ生を受く」は今もデンマーク国民に愛唱され続けている。
二五歳のとき、学友の姉との初恋を通し、愛の詩を作り始め、その想い出は後の童話に生かされることになる。アンデルセンはいわゆる「もてる男性」ではなかったためか、その後の恋も実らず、生涯独身を通した。
童話以外にもロマンティックな『即興詩人』『絵のない絵本』などの作品でも知られているアンデルセンだが、実は深刻な「生き埋め恐怖症」だったのだ。
「眠ったり、気を失ったりしていると、その間に死んでいると勘違いされて、生きたまま墓地に埋葬されてしまうのではないか」という恐怖を、アンデルセンは常に持っていたようだ
眠ってる間に葬式だの埋葬だのといった騒ぎがあれば、いくら熟睡していても目が覚めてしまいそうなものだが、本人はとにかく真面目に「生きたままの埋葬」を心配していた。
夜、眠るときに「私は死んでいるように見えるだけだ」という注意書きをベッドのわきに置いておいたり、外出するときは「私が死んでいるように見えても気を失っているだけだから、よく確かめてください」という注意書きをポケットに入れておいたり・・。
他人から見ると、ちょっとこっけいだが、本人は本気で生き埋めの恐怖と戦い続けていたのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670889

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト