MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 昆虫

ホタル②
【東京雑学研究会編】

§ホタルを愛でるのは日本だけ!?

ホタルは、世界で約二〇〇〇種、日本では約三〇種が発見されている。昼間活動する種には、発光器がないか、痕跡として残されているだけである
日本で最も親しまれているのは、ゲンジボタルとヘイケボタルである。両者とも、日本の各地で見られ、幼虫にも、さなぎにも発光器がある。夏の夜に、光を発しながら乱舞する様は源平合戦になぞらえられてきた。
ところで、日本では、ホタルは古くから夏の風物詩として親しまれ、文学や絵画の題材にもなっている。だが、欧米では、概してホタルの光を美しいものとして賞する習慣はなく、単なる虫としかみなされていない。
フランスではホタルは幼くして死んだ子どもの魂だとする言い伝えがあって、美しいものというよりは、不気味なものとされていた。
もっとも、近年では、汚染されていない水にしかすめない虫として、環境保護の観点から、新たな関心を集めている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670880

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  芸能デスク  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト