MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 昆虫

ホタル①
【東京雑学研究会編】

§ホタルは光っていても熱くないのか?

ホタルはあんな小さな体を光らせて、熱くはないのだろうか? うっかり光りすぎて、ヤケドをしないか心配である
自然の光が、すべて熱によって生じるとはかぎらない。ホタルの光は、熱によるものではなく、生物発光によるものなのである
ホタルは、お尻を光らせているように見えるが、発光器は腹部にある。発光器は、透明な表皮、発光細胞からなる発光組織、その奥の反射層から成っていて、発光組織には、神経と気管が縦横に走っている。
発光細胞では、ルシフェリンという発光物質が作られる。これに、アデノシン三リン酸(ATP)とマグネシウムが作用すると、アデニルルシフェリンという中間代謝物ができる。それが空気中の酸素によって酸化されて、黄色い光を放つのである。この酸化が起こるときには、ルシフェラーゼという酵素が触媒として働いている。
このように、ホタルの光は、完全な化学反応によって発する、熱を伴わない冷光なのである。化学エネルギーが光エネルギーに変換し、エネルギーのほとんどが光に変わるので、熱は発生しない。だから、ホタルは熱くはないし、ヤケドもしないのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670879

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト