MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 魚類

ホタテガイ
【東京雑学研究会編】

§ホタテガイは泳ぐことができる?

お刺身にフライバター焼きと、食卓でも親しまれているホタテガイ。アイヌ語でサラカピーというこの貝は、古くから北海道の味覚の一つだった。現在のように広く食べられるようになったのは、昭和四〇年代に養殖技術が飛躍的に進歩してからのことである
あんなに大きく、不器用そうな二枚貝だが、ホタテガイは、ジェット泳法の持ち主なのだ。
前進するときは、両方の殻を強く開閉しつつ、いっぱいに吸い込んだ水を、前の部分から斜め後方に勢いよく噴出させる。反対に、後退するときは、殻のへりから水を前方に吹きだす。
ホタテガイは、この反動を利用したジェット泳法で、一度に一~二メートルも素早く移動できる。ほかの貝には、まねのできない方法で、ヒトデやカレイなどの天敵から逃げ、身を守っているのである
「それは、泳ぎじゃなくてジャンプだよ」、と言う人もいるだろう
では、こんな言い伝えを紹介しよう。アイヌ民族の伝説によると、奥尻島でホタテが大漁のときは、対岸の寿都で不漁となる。反対に、寿都で大漁のときは、奥尻島で不漁となる。これは、ホタテが平たいほうの殻を、舟の帆のように立てて海上を滑走し、奥尻島と寿都の間を行き来しているからだという。ホタテガイという名は、帆を立てることにちなんでいる。
これは伝説だが、ホタテガイが海を渡っているところを目撃したという記録もある。
北海道の沿岸を航海していた船の船員が、ある夕方、海面に真っ白な帯のようなものが流れているのを発見した。よく見ると、それは殻を開いて、その一方を帆のように立て、風を受けては沖へと進む、ホタテガイの大集団だった。ぎっしりと海に浮かんだ貝と貝がぶつかり合って、音をたてていたという。
こんな不思議な光景を、一度でいいから見てみたいものだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670878

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  芸能デスク  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト