MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 事件

防弾チョッキ
【東京雑学研究会編】

§防弾チョッキはどういう構造になっているのか?

以前は防弾チョッキは、警官やガードマン、その筋の人など、プロフェッショナルたちのものでしかなかった。しかし、海外での企業テロや国内でも犯罪の増加で、一般の人の購入者が増えている。ところで防弾チョッキは、どういう構造になっているのだろう
一口に防弾チョッキといっても性能はさまざまで、相手の使う銃や弾丸に合わせて選ぶ必要がある。しかし、機動隊の盾とは違って着て歩くものだから、安全性のほかに、軽く行動しやすいことも必要なのは、どんなタイプでも同じだ。
そこで防弾チョッキには、軽くて強靭な超繊維の合成素材が使われることになる。構造的には、ガーメントと呼ばれる着用帯の中に、超繊維でできた防弾素材を入れ、その上にスペクトラ・シールドという緩衝素材を置いている。その二つの素材の組み合わせで、飛んで来る弾丸を止めるわけだ。
代表的な防弾素材といえば、アメリカの化学メーカー、デュポン社が開発した超繊維の第一号「ケプラー」だろう。ケプラーは同社の開発した「ポリ・フェニレン・テレフタル・アミド(PPTA)」という物質を液晶状態にして紡糸し、棒状の分子を同じ方向に向かせたものだ。
銃や弾丸の進歩に合わせて、最近ではケプラーより強い「トワロン」という素材も使われている。トワロンはケプラーより細いが、一本ずつラミネート(層状)加工されている。トワロンで作った四ミリのロープ一本で、パトカーも吊り上げられるほど強い。
トワロンの防弾チョッキは重量二・五キロとずっしり重いが、その分安心感もある。価格は約一五万円しても、命の値段とすれば高くはないだろう
なお防弾チョッキは、自動式拳銃やリボルバーの弾は防げても、ライフルの弾までは防げない。拳銃なら密着しての狙撃にも耐えるといっても、貫通はしないだけということで人体に与えるショック大きい。肋骨のひびくらいは覚悟しておいた方がいいだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670873

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト