MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 服装

ベレー帽
【東京雑学研究会編】

§ベレー帽が画家のシンボルになったのはなぜ?

画家や漫画家のトレードマークになっているのが、ベレー帽
女性や子どももかぶるし、これを制帽にしている軍隊もあるが、やはり芸術家のものというイメージが強い。
ベレー帽を画家がかぶるようになったのは、ルネサンス時代からのことである。当時の人気画家ラファエロも、この帽子をかぶっていたし、ルネサンス以降の時代の画家は、ベレー帽をかぶった自画像を、よく描いている。
画家がベレー帽を好むようになったのは、まず仕事の性質による理由が考えられる
作品に取り組んでいる最中、髪が顔にかかると、邪魔である。興が乗っているときは、一瞬たりとも絵筆を止めたくない。そこで、髪を押さえることのできるベレー帽をかぶったのだろう
「だったら、髪を切ってしまえばいいじゃないか」と思うところだが、男性が髪を短くするようになったのは、近代になってからの習慣なのである
現代の画家も、あえて長髪にしている人が多く、邪魔なときは髪を束ねたり、バンダナでまとめたりしているが、ベレー帽をかぶるのも、それと同じなのである
ベレー帽は、柔らかいフェルトでできていることが多く、頭を包むシンプルな構造なので、ヘアバンド代わりになったのである
次に考えられるのは、ファッションである
シルクハットのような帽子は、決まりきったかぶり方しかできないし、洋服もそれに合ったものでなくてはならない。しかし、ベレー帽なら、斜めにかぶったり、あみだにかぶったり、羽根飾りやブローチをつけたりと、自分の好みに合わせアレンジできるし、何を着るかも、そのときしだいで自由自在である
つまり、ベレー帽実用的で、かつ画家のお洒落心をくすぐる存在だったのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670863

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト