MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 鳥類

ペンギン②
【東京雑学研究会編】

§ペンギンが南半球にしか住んでいないのはなぜ?

黒い背中と白い腹部を持ち、氷の上で群れているペンギンといえば南極大陸シンボル。直立した姿とヨチヨチした歩き方が愛らしく、ペンギン動物園でも人気の動物だ。
けれども野生のペンギン南極大陸沿岸から南緯四〇度前後までの寒冷地域にしか生息していない。そういった寒冷地帯で生活できるペンギンなのに、北極近辺には全く見られないのはなぜだろう? アザラシでもクジラでも両半球にいるのだからペンギンも北極に棲んでいてもおかしくはないはずなのに。
それを説明するためにははるか昔、大陸移動の時期までさかのぼらなければいけない。
約三億年以上前、地球上の大陸といえばパンゲア大陸ただ一つだった。それが大陸移動によって北のユーラシア大陸と南のゴンドワナ大陸に分かれて、さらに五つの大陸へと分かれていった。理由はわかっていないが、分裂後の南側の大陸には凶暴な肉食獣がいなかった。分裂前からたまたま南側に肉食獣がいなかったのか、それとも分裂後に絶滅してしまったのかはまだわかっていない。
いずれにせよ、北半球では生存競争に勝ち残れなかった動物も南半球では生き残ることができたのだ。
ペンギンの祖先もオーストラリア大陸や南米大陸南端、それに南極大陸など寒流の流れ込む海に生息し、水中生活に適応する形で進化していったのだ。ペンギンは海を泳ぐことができたため、今では南極大陸から亜熱帯近くまで広がっているが、ペンギンのいる場所は寒流の流れる地域ばかりなのだ。
ペンギンは繁殖期以外は海上で生活し、泳ぎながらイカや魚などを食べて過ごしている。
もちろんペンギンにも翼はあるけれど、これは潜水や遊泳に適した形に変型してしまっていてどの種類も空を飛ぶことはできない。だから、水温の高い海を飛んで北半球へ渡ることはできない。
ペンギンは長い進化の歴史の中で寒流だけに適応した身体になってしまい、水温の高い海域を越えて北半球に移動することはできなくなってしまったのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670865

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト