MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 知恵

フリーズドライ
【東京雑学研究会編】

§フリーズドライ製品のおいしさの秘密は何か?

技術の進歩で、フリーズドライ製品の種類が増えている。
おにぎりカレーライスチャーハンから、漬物、納豆、山いも、大根おろしまでないものはないというくらいの品ぞろえだ。乾燥しているから軽量かつコンパクトアウトドアにはもってこいだし、非常食としても重宝だ。湯、もしくは水でかんたんに戻るし、しかもどんどんおいしくなっている。
フリーズ=凍らせる」+「ドライ乾かす」、という意味だから、だいたい想像できるが、そもそもフリーズドライ製品はどうやって作るのだろう
フリーズドライは「真空凍結乾燥」という。食品を凍結させ、真空状態の中で水分を昇華させる乾燥法だ。
一般にものを乾燥させるには、温度を上げて水の蒸発を早めることが多い。しかし、温度を上げて乾燥させると、水分だけでなく香りや風味もなくなってしまう。
そこで、反対に温度を下げていったん凍らせてから水分を抜くのがフリーズドライ製法だ。
例えば、リンゴを凍らせると、純粋な水だけがカチカチに凍って氷の結晶がつく。その凍ったリンゴを真空状態に放り込むと、水分は固体から気体に昇華して失われ、後には海綿状のリンゴの成分だけが残る。
これがフリーズドライされたリンゴだ。水分がなくなっただけだから、湯や水を加えるだけで元の状態に近くなる。この方法は素材の組織を破壊しないので、香りや味があまり失われない利点がある。
高野豆腐凍り豆腐)や寒天は昔からこの製法で作られてきた。現在のフリーズドライ製品はもっと大がかりな装置で作るが、原理的には低温での脱水乾燥で変わらない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670844

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト