MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

福神漬け②
【東京雑学研究会編】

§福神漬けは、いつからカレーのおともになったのか?

カレーといえば、赤い福神漬け付き物のようなもの。鍋と蓋のような切っても切れない関係のように思われるが、カレーインドから伝わったものだし、福神漬けはいかにも日本の漬物といった感じである。一見ミスマッチのような二つを組み合わせたのは、一体どこの誰だったのだろうか?
この福神漬けカレーに添えられたのは、実はインドで添えられるチャツネ代わりだったという。そして、明治の半ば、日本郵船のヨーロッパ航路の船の食堂で出たのが最初だったとか。実際に、当時の記録には残っていないものの、客船のコックがそういう証言を残しているので確かなことのようだ福神漬けの元祖、酒悦のパンフレットの中には「明治三五年から三六年(一九〇二~一九〇三)頃日本郵船のヨーロッパ航路の船の食堂が最初」という記載がある。
欧米人にはピクルスをつけていたらしいが、それは日本人の舌には合わず、福神漬けになったらしい。チャツネ代わりが漬物というのが、いかにも日本人に受けたのだろう。それ以来、二つは切っても切れないコンビになった。
余談であるが、当時、福神漬けは高価だったために、三等客船では沢庵が添えられていたとか。やはりカレーの刺激の口直しとして、漬物が選ばれるあたりがいかにも日本人の舌という感じがする。福神漬けとのコンビで、カレー日本人にとって、より人気のメニューに定着していったのかもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670820

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト