MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 食べ物

フグ刺し
【東京雑学研究会編】

§フグ刺しはなぜ薄い?

養殖ものならサラリーマンでも手を出せる値段でメニューに載せている居酒屋もなくはないが、やはり天然ものを高級料亭で、煮こごりから白子ポンズ、刺身、から揚げ、鍋、最後には雑炊とフルコースで食べたいのがフグ。
そのときは財布の大出血を覚悟しなければならないが、そんな高級魚らしく、刺身はごく薄く切ってきれいに並べられ、下の皿の絵柄が透けて見えるくらい。一度に一枚か二枚、ネギを巻いてもみじおろしとポンズでちまちま食べるのでなく、ブツ切りのマグロみたいにガブリとやりたい! ……というのは、フグの価格に幻惑されての思い違いで、ほんとうは最もフグをおいしく食べてもらうための、料理人の腕の見せどころが、このフグの薄造りである
食用にされるフグは、いちばんおいしいとされるトラフグをはじめ、サバフグ、ショウサイフグなどがあるが、いずれも身がしまっていて硬い。分厚く切ったのでは、口の中でモゴモゴさせるばかりで噛み切れず、味わうどころではないのである
薄くそぎ切りにしてあるからこそ、コリコリした歯ごたえを楽しみ、楽に噛み切ることができるのだ。
同じようにコリコリした歯ごたえで、刺身に添えられている皮の下のゼラチン質の部分は、「とおとうみ」と呼ばれているが、これは三河(身皮)の隣が遠江というしゃれだ。関西でフグのちり鍋のことを「てっちり」というのも、毒に当たると死ぬところから、弾に当たると死ぬ鉄砲からのもじりである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670818

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト