MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 男と女

フェロモン
【東京雑学研究会編】

§人間はフェロモンで恋に落ちるのか?

フェロモン」という言葉をよく耳にするようになった。しかし、この言葉は、ファーブルが『昆虫記』で、メスの蛾がオスを性行動に誘うときに出す物質「性フェロモンとして紹介してから有名になったそうだから、かなり昔から知られているのだ。
ほかには、ゴキブリが仲間を集める「集合フェロモン」、アリが道を教える「道しるべフェロモン」がある。最近、これらのことから、人間にも生殖活動や異性にだけ働きかける物質があるのではないかと、研究が始まった。しかし、今のところ、異性を強烈にひきつけ恋を成就させる物質は見つかっていない。
フェロモンは、「匂い」と混同されることが多いが、化学物質とはいうものの、「匂い」のように嗅覚器官でとらえられるのではなく、鼻の鋤鼻器官(ヤコブソン器官)というところでキャッチされている。
人間の場合、成人になると鋤鼻器官は退化すると考えられていたので、フェロモンの存在を疑問視していたのだが、最近、人間の成人にも、鼻の隔膜の基部辺りに鋤鼻器官が存在することが認められ、その上皮には感覚細胞が機能していることがわかった。
ユタ大学の研究では、フェロモンらしい物質に、男性が反応するものと、女性が反応するものがあることがわかったらしい被験者たちは、この物質を嗅いだとたんにいい気持ちになり、リラックスしたと語ったそうだ
シカゴ大学では、女性の腋の下から出る物質を、別の女性に毎日嗅がせたところ、二人の月経周期が重なることがわかった。前から女性に知られていた「月経がうつる」現象が、明らかになった。
スウェーデンのカロリンスカ研究所では、男性ホルモンからできる物質と女性ホルモンに似た物質を、男女の被験者に嗅がせた。すると、脳の本能に関わる部分である視床下部が反応したという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670813

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト