MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人体

貧乏ゆすり
【東京雑学研究会編】

§貧乏ゆすりにはどんな心理が隠されているのか?

喫茶店人待ち顔貧乏ゆすりをしている人を見ると、「相当イライラしているな」とすぐにわかる。そう、貧乏ゆすりは、フラストレーションを解消しようとする心理がとらせる行動だ。
また会議の席で、貧乏ゆすりをする人もいる。退屈しているのならわかるが、手は資料に書き込みをしながら、視線は発言者のほうにきちんと向け、内容にうなずいたり首をかしげたりと集中しているようで、これはどうみてもフラストレーションとは無縁のように感じる
しかし、このときの貧乏ゆすりも、「何かいいアイディアが浮かびそうなのに、出てこないな」とイライラして脳に刺激を与えて思考を促進させようとしている姿と考えられなくもない。同じように、怒りを覚えているのに物や人にあたれないとき、自分にあたってしまって出る貧乏ゆすりもある。
いずれにしても、貧乏ゆすりはどこか心に不満を抱えているときに出るもので、自分がイライラしていれば、電車の隣の座席の人の貧乏ゆすりにイライラさせられるように、他人にも不快感を与える
貧乏ゆすりの癖がある人には、テレビを見ていてもしょっちゅうチャンネルをかえるとか、飲みに行ってもすぐに別の店に移動してはしご酒になるというような行動が、日常に見られるはずだ。一つのことに一心不乱になっているとき、貧乏ゆすりは出ないものだ。何か熱中できるものを見つけると、この悪癖は直るだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670808

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト