MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 社会

内閣総理大臣
【東京雑学研究会編】

§内閣総理大臣と首相はどう違うのか?

小泉総理大臣は小泉首相でもある。この総理大臣と首相の使い分けには、どういう意味があるのだろうか。
結論からいえば「内閣総理大臣」は法的、公的な名称であるそして「首相」はそれを指す「通称」なのだ。
この名称ができたのは一八八五(明治一八)年のことである。内閣制度が確立したときに、その長を内閣総理大臣と呼ぶことになった。このときの内閣総理大臣というのは、天皇を助ける国務大臣の一人で、同輩の長だったのだ。
内閣制度は、戦後、日本国憲法によって改革されたが、総理大臣の名称は変わらなかった。しかし、実質的な地位は大きく変化したといってよい。国会議員の中から指名された内閣総理大臣は天皇によって任命されるそして、その後は、ほかの国務大臣を任命する権利を持つことが許されたのだ。つまり、実質上の日本の最高権力者ということができる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670706

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト