MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 乗り物

トンネル②
【東京雑学研究会編】

§日本初の鉄道トンネルは川の下だった!

鉄道や道路のトンネル思い浮かべると、誰もが山や丘を貫いた通路を想像するだろう。それが一般的なトンネルだ。ところが、日本初の鉄道トンネルは、川底につくられたものだった。しかも、一〇〇年以上も前のことである
今でこそ海の下を貫くトンネルはあるが、川底のトンネルとは意外である
新橋~横浜間に日本で最初に鉄道が開通したのは一八七二(明治五)年。その二年後に神戸~大阪間に鉄道が開通する。その全長三二キロの線路には、六つの大きな川があった。
大阪に近い三つの川(十三川、神崎川、武庫川)には、日本初の鉄橋が架けられた。新橋~横浜間の橋は、橋台をのぞいて木製だったが、神戸~大阪間には本邦初の鉄製の鉄道橋が出現したのである。しかし、ほかの三つの川(芦屋川、住吉川、石屋川)は、川底がまわりの地面より高い、いわゆる「天井川」であったために鉄橋を架けて汽車を通すよりも、トンネルを掘って川の下を汽車がくぐるようにした方が簡単だった。これが日本最初の鉄道トンネルを掘った理由である
最初に完成したトンネルは、現在の東海道本線住吉~六甲道間(神戸市東灘区)にあった、神戸に最も近い「石屋川トンネル」だ。つづいて住吉川のトンネル、芦屋川のトンネルが完成する。このうち芦屋川トンネルと住吉川トンネルは現役である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670704

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト