MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 乗り物

トンネル①
【東京雑学研究会編】

§鉄道のトンネルには前と後ろがある?

山の多い日本の国土を走る鉄道には、いたるところにトンネルがある。特に上越新幹線や山陽新幹線は、ほとんどがトンネルばかりで、車窓の景色を期待して乗った旅好きの人たちには、評判がよくないそうだ比較的新しい路線は、特に街中を避け、山の中を通ることになる。
ほとんどの人は気にかけないだろうが、気になる人はいるものであるトンネル入り口と出口についての疑問だ。どちら入り口で、どちらが出口なのか? 実は、はっきり決まっているのである
鉄道には路線ごとに、起点と終点が決められている。例えば東海道本線なら、起点は東京で、終点は神戸である。また、山陽本線では、起点は神戸で、終点は門司となる。
そこでトンネルついては、その路線の起点に近い方が入り口、終点に近い方が出口となっている。ということは、東海道本線では、東京に近い方が入り口で、終点の神戸に近い方が出口になる。
では、博多発の新幹線で東京に向かうとき、何十ものトンネルを通り抜けることになるが、そのたびに列車は、出口から入って入り口から出ることをくり返している。なんとも奇妙なことだが、鉄道管理上の決まりごとなので仕方がない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670703

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト