MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 企業

ナイキ
【東京雑学研究会編】

§ナイキの社名の由来は女神からきた!?

超人気のスポーツシューズを次々生み出すスポーツメーカーナイキ。この名前は、実はギリシア神話の女神の名前だったのである
ナイキが誕生したのは一九四六年のこと。現在の会長であるフィル・ナイトとビル・バウワーマンが共同出資して創設したブルーリボンスポーツ社だ。これがナイキの前身で、小さな運動靴販売会社からスタートした。輸入した靴を売りさばくかたわら、自分たちで新しいシューズ開発を手掛けていた。
それが完成したときに、新商品とともに考案しようとしたのが新社名である
このとき採用されたのがギリシア神話の勝利の女神「ニケ」を英語読みにした「ナイキ」だったのだ。作ったシューズスポーツ選手の守り神にもなるようにと、選ばれたのだという。
そして、同時に作られたロゴは、女神の翼のような「スウッシュ」マークである。今や世界を席巻したマークではあるが、美術学生であるキャロライン・ダビッドソンの山のようなデザインから残された一つだった。スタッフは満足しなかったというが、一寸先のことは誰にも予測できないものだ。会社は驚くほど成長を遂げ、今や、さまざまなスポーツ世界的ヒーローの胸に、あの気に入らなかったマークがさん然と輝いているのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670707

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト