MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > おもちゃ

トランプ
【東京雑学研究会編】

§トランプの四つのマークにはどんな意味があるのか?

トランプを手にテーブルを囲んでいる家族や友人たちの集まり目にすることは、最近では少なくなったように思えるが、老若男女を問わず、気の置けない人たちがお茶を飲み、おしゃべりを交えながらゆったりカードゲームを楽しんでいる光景は、なかなかいいものである。私たちが普通手にするトランプマークは、実にシンプル印象的な模様である。これらにはどんな意味があるのだろう
世界最古のカードは、トルコはイスタンブールのトプカプ宮殿に保存されている「マムルークカード」と呼ばれるもので、一四世紀頃作られたという。このカードの四つのマークは、刀剣、聖杯、貨幣、こん棒だ。カードという新しいゲームの歴史をたどってみると、正確な起源はわからないが、一四世紀末のイタリアを中心に、はじめて登場したといわれている。刀剣、聖杯、貨幣、こん棒という特徴あるマークは、中世ヨーロッパ社会の四つの階級を表している。刀剣は貴族や軍人、聖杯は聖職者、貨幣は商人、こん棒は農民というわけだ。
やがてこのゲームは、イタリアからスペインなど地中海一帯の国々へと広まり、さらにドイツ、オランダ、スイスフランスなどヨーロッパ各地へ広まっていった。そして、この過程で図柄や呼び名が次第にシンプルなものに変化した。
例えば、ドイツやオーストリアでは、四つのマークは、心臓、どんぐり、鈴、木の葉を表し、スイスでは、花、どんぐり、盾、鈴を表していた。今日日本でもおなじみのマークは、フランス生まれたという。そして、槍、心臓、教会の敷石、三つ葉を表すようになっていた。
フランス生まれカードは、やがてイギリスへ渡り、四つのマーク呼び名スペードハートダイヤモンドクラブと変化していった。一六世紀後半のことであった。
イギリスからアメリカへと渡ったトランプは人気を呼び、大量生産され全世界へ広まった。カードマークは正確にはスーツという。四つのマークは「インターナショナルスーツ」とも呼ばれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670691

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト